3月13日の日記ー役所の施設で子供育成支援サービスのようなところへ行ってくる。

ここは火曜日が定休日のようで、日曜日も運営していました。 どういうところかというと、市が運営している場所で、子どもたちの遊び場所のような施設でおもちゃや遊具などがおいてあります。 無料で利用できるので、平日でもそこそこの若奥さん達が子供をつれて遊びに来ているようです。

今日は日曜日ということもあり、お父さんお母さんと子供で来ている家族もいました。 わたしも嫁と子供と来てみました。

わたしは利用は初めてです。 嫁が先週の金曜日に一度来ていて遊ばせています。 話には聞いていたのですが、とても広くてびっくりです。 そこにいるスタッフも8人くらいいたんじゃないでしょうか。 といっても運営するために施設を紹介していたり案内している人なので、子供の面倒は見てくれません。 本当に遊ばせるだけのところです。 あとはご飯を食べるスペースや幼児ルームなる部屋があって、なかなかよい感じです。

遊びに来たのは良いけれど、親はやっぱり疲れるだけです。

市の施設で遊んでいます。 子供は子供同士で仲良く遊んでほしいものです。

しかし子供は子供なので相手のことを考えずにがむしゃらに遊んでいます。 そして疲れを知らない子供はひたすらに遊んでいます。 親のわたしどもはというと、遊び場というのはいつ転んでもおかしくない状況の場所です。 安全のためのマットを敷いてあるとしても、やっぱり転べば痛いしびっくりするし泣いてしまいます。 それを防ごうとするためにも子供から目をはなすことはせずに見守ります。 そして疲れます。 子供は疲れ知らずですが、親は疲れまくりです。

遊びまくったあと、お腹が空くものと思っていましたが、眠たくなったようです。 幼児ルームへ入って寝かせようと思ったら、そこにもおもちゃがあって意識がそちらへ行ってしまいました。 おかげで眠気が吹っ飛んだようで、そこからまた遊びまくりです。 同じくらいの子どもたちも入ってきて一緒に遊んでました。

そこから更に遊んで、ようやく本当に眠たさの限界が来たようであっさり寝てしまいました。 ここからはわたしどもも休憩タイムです。 まったりと、そしていつ起きるかわからない我が子を見守りながら…。

見守りながら休憩していても、やはり疲れます。 結局疲れまくりですよ。 でも、子供はとっても市の施設では満足していたようです。 市の施設では満足していたようですが、帰ってきてからまた、遊びまくりです。 本当に疲れ知らずの子供ですよ。

あ〜疲れた。

前の日記<<<日記のトップ>>>次の日記

スポンサードリンク

Infomation

管理人お気に入りカード