ローンカードというものをよく知っておくこと

ローンカードとはクレジットカードのように買い物をすることはできません。
お金を直接借り入れられるカードになります。
直接お金を借りられるローンカードのほうがクレジットカードよりも便利なないの?と思う人も思われるかもしれませんが、 ローンカードはクレジットカードよりもほんの少しだけ利息が高いのです。
借りているお金は返さなければなりません。
それがほんの少し多く返さなければならないのです。
それでもローンカードの使い方を間違えなければ、本当に便利なカードになります。

いくつかのローンをまとめて、おまとめローンとして一元管理してしまう方法

自動車などの買い物でローンを組むことがあると思います。
ひとつのローンだけなら良いのですが、2つ3つと増えていくと、純粋に毎月の返済額が増えてしまいます。
そこで、おまとめローンという方法で支払いを一元管理してしまう方法です。
おまとめローンで支払い方法を一元管理すれば、毎月の支払金額はそれほど増えないで返済できます。
返済期間は増えますが、それでも毎月の負担は減るので、気分的にも楽になります。
ローンをひとまとめにするという考え方は、支払金額はほんの少し増えますが、 毎月の負担を減らしてくれて計画も立てやすいというメリットがあります。
2つも3つもローンを抱えていると、それを返すだけで生活が苦しくなるということになりかねません。
上手にローンを利用すれば、返済予定も立てやすいこともあるし、なにより精神的にいいと思います。
クレジットカードにもキャッシングの機能があるカードもありますが、限度枠は低く設定してあります。
その点ではクレジットカードといえども、ローンカードには太刀打ちできません。
使う方法はそれぞれに利点があるので、一番いい方法を考えて使うことが一番良いと思います。

審査の甘いローンカードを使うにはちょっぴり注意が必要

ローンカードを利用するためには審査が必要になります。
その審査は簡単に言えば身元確認です。
ローンカードの審査が甘いローン会社というのは、お金を貸したくて貸したくてしかたがない会社です。
貸せば利息で利益がでるから貸したいんですね。
その利息が問題で、ローン会社で組んだローンよりも利息が高いんです。
貸せば利益になるのですからローンの審査だって甘くしますよ。
だからこそローンの審査が甘い会社のローンカードは注意が必要です。
ただし、使い方を決めてローンカードを使うならその限りではありません。
長くお金を借りっぱなしになると、高い利息になってしまいますので、返済する予定を立てて期間を決めて借り入れれば問題ありません。
そういう使い方をすれば審査の甘いローン会社を利用しても問題ないでしょう。
おまとめローンとは逆の考え方で利用するほうが良いローンカードということになります。

ローンの利息は比べてみて初めてわかるし、計算してみて実感できます

ローンカードを使う前に、一度ローンの返済金額と利息を簡単で良いので計算してみましょう。
単純に年利10%とすると、50万円かりると年間で5万円の利息がになります。
毎月で計算すると4000円ほどですね。
10%というのは単純に計算できるので10%としただけで、実際のローンカードは15%前後の会社もあります。
そうなると4000円なら安く感じますが、それ以上に返済しなければならないということです。
ローンカードの利息に関しては、その会社のカードを一度シミュレーションしてみてはいかがでしょう。

カードに付帯しているサービスって? ◀前     次▶ 

クレジットカード基礎知識

スポンサードリンク

Infomation

管理人お気に入りカード